高階杞一 ホームページ  TOP自己紹介日々のあれこれ情報既刊著書・その他の仕事作曲
  教科書・アンソロジー等ガーネット空とぶキリン社自作への付曲一覧散文反戦詩リンクお便り


『夜とぼくとベンジャミン』


日常のありふれた言葉が詩へ飛翔する。
さまざまな方法を試みた高階杞一の新たな世界
                 (帯文より)



[DATA]

発行日:2017年7月20日。 第15詩集。
発行所:澪標
収録編数:30編
作品制作年:2012年〜2017年
装幀:上野かおる
判型:A5判
 (画像をクリックすると、拡大してご覧頂けます)
定価:1600円(税別)

 メニューを開くと、不安や苦汁、江呂須といった名前が並ぶ。
 どの料理も暗い。
 注文すると、老いた店主が黙ってうなずく。
 夜とぼくとベンジャミンだけが住んでいる街の、路地裏に、ひっそりと、そんな
レストランがある。
(あとがきより)  



■収録作品抄

1.山吹
2.清水さん
3.犬と歩けば(抜粋)


トップへ
トップへ
戻る
戻る



『夜とぼくとベンジャミン』作品抄
『夜とぼくとベンジャミン』作品抄
『夜とぼくとベンジャミン』表紙(拡大)
『夜とぼくとベンジャミン』表紙(拡大)