高階杞一 ホームページ  TOP |自己紹介日々のあれこれ情報既刊著書・その他の仕事作曲
  教科書・アンソロジー等ガーネット空とぶキリン社自作への付曲一覧散文反戦詩リンクお便り| 


『いつか別れの日のために』

私も犬も 順番に
ここから去って行くのです
草の実をいっぱいつけて

いつか来る<その日>に思いを馳せつつ綴られた、24の心象風景
                            (帯文より)
第8回三好達治賞受賞! 2013.3.1


[DATA]

発行日:2012年5月30日。 第12詩集。
発行所:澪標
収録編数:24編
作品制作年:2008年〜2011年
装幀:倉本 修
 (画像をクリックすると、拡大してご覧頂けます)
定価:1500円(税別)

 「自分が死んだ後の世界のことを考えては、とても不思議な気がしてきます。
自分がいないのに、世界は何ひとつ変わらずに、朝になればいつもと同じよう
に陽が昇り、街にはたくさんの人が歩き、信号は点滅をくりかえす。それは何だ
か、今ある世界とは別な世界のように思えてきます……」(あとがきより)



■収録作品抄

1.草の実
2.地下鉄で
3.家路


トップへ
トップへ
戻る
戻る



『いつか別れの日のために』作品抄
『いつか別れの日のために』作品抄
『いつか別れの日のために』表紙(拡大)
『いつか別れの日のために』表紙(拡大)