高階杞一 ホームページ  TOP |自己紹介日々のあれこれ情報既刊著書・その他の仕事作曲
  教科書・アンソロジー等ガーネット空とぶキリン社自作への付曲一覧散文反戦詩リンクお便り


『雲の映る道』

空へ
小さなふねが消えていく

おさえられたかなしみと ねじれた時空
眠れない夜に 詩が立ち上がる
                            (帯文より )


[DATA]

発行日:2008年9月30日。 第11詩集。
発行所:澪標
収録編数:32編
作品制作年:2004年〜2008年
表紙及び扉(銅版画):倉部今日子
 (画像をクリックすると、拡大してご覧頂けます)
定価:1500円(税別)

 「子供の頃に歩いた雲の映る道からずいぶんと遠くまで来ました。
 振り返っては、悔いと羞恥ばかりがあふれてきます。もう一度あの時に戻って
やり直せたら、と思うことが次々とよみがえってきます。
 本書に収めた作品は、どれもそんなどうしようもない悔いが源泉となっている
ように思えます……」(あとがきより)



■収録作品抄

1.電球
2.初夏
3.春の港


トップへ
トップへ
戻る
戻る



『雲の映る道』作品抄
『雲の映る道』作品抄
『雲の映る道』表紙(拡大)
『雲の映る道』表紙(拡大)