高階杞一 ホームページ  TOP |自己紹介日々のあれこれ情報既刊著書・その他の仕事
  教科書・アンソロジー等ガーネット空とぶキリン社自作への付曲一覧散文反戦詩リンクお便り


夜にいっぱいやってくる

「青空のかなたに、失った何かが見える。
その場所につながるたったひとつの扉はどこにある?」
                            ( 帯文より )


[DATA]

発行日:1999年4月1日。 第7詩集。
発行所:思潮社
収録編数:30編
作品制作年:1995年〜1997年
表紙及び扉の装画:吉田カツ
定価:2000円(税別)

「はるかな晴天の奥の奥  透明な  喪失 と 希求」(あとがきより)


■収録作品抄

1.静かな入口
2.夏の遺跡
3.茫洋

トップへ
トップへ
戻る
戻る



「夜にいっぱいやってくる」収録作品抄
「夜にいっぱいやってくる」収録作品抄
『夜にいっぱいやってくる』表紙(拡大)
『夜にいっぱいやってくる』表紙(拡大)